読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイニチスタッフ通信

福岡のリフォーム会社 ダイニチスタッフの日々雑記です。

中央区 M様邸 完工

福岡のリフォーム会社で、ダイニチの小林と申します。

今年の1月下旬から着工しました、中央区の築30年程のマンションのリフォーム工事が

先日、無事に完工しました。

 

お施主様と出会ったのは昨年の11月ですので、打ち合わせから工事完工まで約5ヶ間、

一緒に歩んで参りました。

初めて御自宅にお邪魔した際は、約30年お使いになられたキッチンの扉は蝶番がサビ

つき、はずれかけている状態でした。

浴室も周囲に断熱材が入っていなかったため、とても冷えきっていました。

この日の福岡市の気温は5度以下でした。

f:id:dainitistaff:20160306173459j:plain

f:id:dainitistaff:20160306173604j:plain

 

そこから、お施主様とのお付き合いが始まりました。

各メーカーのショールームに同行していただいて、何度も設備やプラン・仕様の打ち合

わせを重ねた末に御契約賜りました。

発注・準備期間を経て、年明けから着工しました。

 

 

まず、解体作業。

床も全て剥がし、マンションの骨組みであるコンクリートスラブ剥き出しの状態に。

f:id:dainitistaff:20160306175544j:plain

 

ここから、職人さんたちの造作工事が始まりました。

まず木やモルタルで土台や下地を造り、壁や床のラインを作っていただきました。

f:id:dainitistaff:20160306180426j:plain

雑排水の立管です。床には新しく盛り替えた給水・給湯管が写っています。

f:id:dainitistaff:20160306180750j:plain

次に、設備の職人さんによるお風呂、キッチン、洗面台の組み立てが始まりました。

f:id:dainitistaff:20160306181134j:plain

 

f:id:dainitistaff:20160306181505j:plain

f:id:dainitistaff:20160306182030j:plain

徐々にかたちになってきた、お住まい。

電気工事や給排水設備の職人さんがお風呂、キッチン、洗面台に繋ぎ込みをしてい

きます。

そして剥き出しのスラブの上から下地を組み、畳敷き、フローリング貼り、

木壁は、下地調整ののち、明るいクロス仕上げになりました。

 

そして、最後はちゃんとお掃除屋さんに、約一ヶ月分の埃を掃除してもらい

f:id:dainitistaff:20160306183948j:plain

完成したお住まいがこちらです。

 

 

 

f:id:dainitistaff:20160306184256j:plain

f:id:dainitistaff:20160306184443j:plain

f:id:dainitistaff:20160306184615j:plain

f:id:dainitistaff:20160306184938j:plain

今回の工事に携わってくださった、職人さん20名以上。

本当に皆さんの支えと協力があり、素敵なお住まいを完成することが出来ました。

お施主様を筆頭に、会社のスタッフの皆さん、管理会社の方、近隣住民の方々に

心より感謝いたします。

みなさん、本当にありがとうございました。

お疲れ様でした。